女の人

顔にできたクレーターの跡も綺麗に治せる|治療で綺麗な肌を取り戻す

皮膚科でいいのか考える

ドクター

皮膚科はただの皮膚科と美容皮膚科とに分かれています。前者は皮膚の疾患、後者は皮膚への美容的な処置をする科で、受けられる処置が異なります。シミやしわやほくろの除去といった整形的側面を持つ処置を受けたいのであれば皮膚科へ行くよりも美容皮膚科へ行くのが確実です。

もっと読む

安全性の高いレーザー治療

鏡を見る人

大阪のクリニックではしみ治療をレーザーで行っており、広範囲に散らばっているしみを綺麗にできます。深い部分にあるしみに対してレーザーを照射することで、肌のコラーゲンを増やす効果もあります。メラニン色素に反応する特徴のあるレーザーですので、正常な肌を破壊することはありません。

もっと読む

クリニックでにきびケア

ビフォーアフター

にきび治療には、にきびを予防する、できてしまったにきびを治す、残ったにきび跡を消すの3つあります。できてしまったにきびを治す治療は、一般皮膚科でも出来ます。抗菌剤やビタミン剤など飲み薬や、抗菌効果や消炎効果がある軟膏を処方してもらえるので、それを用いてホームケアをして治していきます。にきびを予防する治療と残ったにきび跡を消す治療は一般皮膚科ではできないので、美容皮膚科に行く必要があります。一般皮膚科との違いは費用が自己負担になるという点です。治療にはフォトフェイシャルやレーザー治療、ケミカルピーリング、ビタミンCイオン導入などがあります。さまざまな施術でにきびができにくい肌にしたり、残ってしまったにきび跡を消す事ができます。

にきび跡で最も深刻なのがクレーターです。クレーターは、にきびが炎症を起こして真皮まで傷つき、組織が破壊されてでこぼこになっている状態です。クレータ状になったにきび跡も、美容皮膚科を受診して相談すれば、最新の治療で改善できます。よく行われている治療に、真皮にダメージを与えてコラーゲン組織を増やし、クレーターの凸凹を埋める方法があります。ダメージを与える方法にはフラッシュ、レーザー、ラジオ波、絶縁針などがあります。コラーゲンを産生することで新しい肌が埋まれ、クレーターのへこみが埋まります。そして表皮が滑らかになります。また、この治療にはシワをなくすリフトアップ効果もあります。若返り目的でする人も多い治療です。

ヒアルロン酸の注入

笑顔の婦人

化粧品などで対策をしてもしわなどが改善しなかったという方に、ヒアルロン酸注射などの美容整形はおすすめです。比較的手軽なので、人気となっているようです。美容外科などで行われていますので、検索してみてはいかがでしょうか。

もっと読む